課程博士論文題目一覧

2018 年度

  • 大槻 知世「青森県津軽方言の情報の表示をめぐって」
  • 熊切 拓「アラビア語チュニス方言の否定とモダリティ」
  • 松倉 昂平「福井県嶺北方言のアクセント研究」

2017 年度

  • 高山 林太郎「高知市方言の一拍挿入低起式化形」
  • 中澤 光平「淡路方言の記述と系統」
  • 岩﨑 加奈絵「句の中核部を形成するハワイ語の機能語―‘ana と方向詞を中心に―」

2016 年度

  • 鄭 若曦「空間表現に関する日中対照研究―認知意味論の立場から―」
  • 平沢 慎也「前置詞 by の意味を知っているとは何を知っていることなのか―多義論から多使用論へ―」
  • 安達 真弓「ベトナム語における指示詞と指示詞に由来する文末詞・感動詞」

2015 年度

  • 早田 清冷「古典満洲語属格標識 -i の研究」
  • 平田 秀「三重県尾鷲市尾鷲方言のアクセント研究」
  • マーク,ローザ「Native Writing System in the Okinawan Islands(沖縄諸島の土着書記体系の研究)」
  • 濱田 武志「粤語、桂南平話の共通祖語と系統関係」

2014 年度

  • 新永 悠人「A Grammar of Yuwan, a Northern Ryukyuan Language(北琉球奄美湯湾方言の総合的文法記述)」
  • 山下 里香「関東首都圏における在日パキスタン人バイリガル児童の多言語使用―コードスイッチングとスタイルシフトをめぐって―」

2013 年度

  • 児倉 徳和「シベ語アスペクト・モダリティの研究―知識状態の変化にもとづく体系化―」

2012 年度

  • 江畑 冬生「サハ語名詞類の研究―接辞法と統語機能を中心に―」
  • 許 永新「日本語の構文と自・他動詞のプロトタイプ」

2010 年度

  • 永澤 済 「近現代期日本語における漢語の変化」

2009 年度

  • 坂本 文子「Clause linkage in modern Khmer(現代クメール語における節連接)」
  • 三村 竜之「デンマーク語語韻律論の諸問題―共時的記述―」

2008 年度

  • 李 文淑「全羅道方言から見た韓国語のアクセント変化について」
  • 梅谷 博之「モンゴル語の使役接辞 -ULL と受身接辞 -GD の意味と構文」
  • 河須崎 英之「中国で話されている朝鮮語のアクセント」
  • 姜 英淑「韓国語慶尚南道諸方言のアクセント研究」
  • 若狭 基道「A descriptive study of the modern Wolaytta language(現代ウォライタ語の記述的研究)」

2007 年度

  • 孫 在賢「韓国語諸方言アクセントの記述研究」

2005 年度

  • 内海 敦子「バンティック語の構造と接辞の意味・機能」

2004 年度

  • 鄭 恩禎「日本語の疑問文におけるイントネーションの実験研究」
  • 大場 美穂子「日本語のアスペクトと関わる補助動詞についての研究」

2002 年度

  • 西岡 敏「沖縄語首里方言の敬語体系」
  • 伊藤 智ゆき「朝鮮漢字音研究」
  • 陳 南澤「朝鮮資料による日本語と韓国語の音韻史研究」

2001 年度

  • 吉田 浩美「バスク語アスペイティア方言の主要な動詞述語に関する記述的研究」

2000 年度

  • 加藤 重広「日本語における修飾構造と品詞体系」

1999 年度

  • 飯田 朝子「日本語主要助数詞の意味と用法」
  • YAMABE, Junji「The Relative and Interrogative Pronouns in Oriya」

1997 年度

  • 星 泉「チベット語ラサ方言の動詞述語の意味に関する記述的研究」